バーグブログ

過剰にマニアックで長文。読む時間を無駄にする覚悟を要します。

トップ|一覧

コメント:0

ブログネタ
meet-me 24軒目 に参加中!

♪ スッピードーーーー!

週末忙しくてやっとレース用バイクを借りたけど、
まず最初にやるのはレースではないあたりが、バーグ体質w


検証パート1
検証パート2





たとえば、ノーマルバイクが時速40kmだとしたら、

バイク種別 ラップタイム 速度比 推定速度(km/時)
ノーマル 59'60'' 1 40
+Ⅰ 54'20'' 1.1 44
+Ⅱ 49'76'' 1.2 48
+Ⅲ 45'73'' 1.3 52
+Ⅳ 42'50'' 1.4 56
+Ⅴ 39'80'' 1.5 60
レース専用 13'33'' 4.5 180


いいねぇ この速さ これだよ、これw

レースなんてどうでもいいから、これ乗って、
建物表示落ちしない荒野をかけまくってるだけでいいわw

レース場以外でも乗れたり、返さなくてもよかったり、
運営さんも最後だから大盤振る舞いw

もう最後だからやることもなくなってきて、
5000券ばらまかれてもたいして使い道もなく
仕方なく小豆畑にして大鍵→大箱開け放題で、
出たアイテム全部メーカーに突っ込んで、
カスタムパーツで速度アップをすることだけが
唯一の残された楽しみだった人の
「ラストモチベーション」を見事に木っ端みじんにする
恐ろしい運営策略、御見それしました!

(おれとは言ってない)


おまけ

mm_2018_01_21

コメント:5

ブログネタ
meet-me 24軒目 に参加中!
世紀末になってエンジンがかかってきた運営さん。
いろいろと押し込んできてますねぇ。
終了決定の前からこのやる気を出してれば
終了せんでもよかったんじゃないの?www

とりま、もうSNSでネタバレ出てるので、
前回同様、このブログでは、あくまで「謎解き」要素についてだけやります。

「なんでそーなるの?」って疑問が残ってしまった人や
自力で解きたいんだけど、どうしても詰まってしまって
「ちょっとだけヒントほしー !」という人向け。




続きを読む

コメント:2

ブログネタ
meet-me 24軒目 に参加中!
ultrafishstamp

とうとうこれが本当に最後のスタンプラリーですね

「超」上級だけあってなかなか手ごわいラインナップですけど、
全部が全部しんどいわけではありませんので、
期間はたっぷりありますし、のんびりいきましょう。

(休みで帰省旅中で、動画アップできないので、
動画は昔撮り貯めてたやつからチョイスしてます。
なので、一種だけ全く動画なしですが、こいつはたいして難しくないので、ご勘弁w)


(トラザメとアオザメの動画、ちゃんと撮り直しました)




続きを読む

コメント:3


(駄文は読み飛ばしてくれて結構、本題へ直行してくれ)

meet-meは運ゲーである。

あらゆるアトラクションやイベントにて
運(Luck)の要素が大きく結果に影響するように設計されている。

と、よく言われている。

では、その「運」とは何だろうか。
それがまるっきりのランダムならば真の運と言えよう。
いつでも誰しもが公平にチャンスを与えられているなら、
ユーザー間においても時間軸においても「当たり」の発生確率は変動しないはずだ。
自然界の多くの事象は、特定の因果関係の存在し得ない、真なる運で構成されている。
まさに神のみぞ知る世界だ。

しかしこの仮想世界ではどうか。
自然界同様に100%完全ランダムなのだろうか?
もちろん、運ゲーと呼ばれている以上、ランダム要素が大きいことは確かだ。
経験則上でもそう思える。
「当たりキャラがいる」などという話もたまに聞くが、
他人と比べたら多少当たりが多いかなあ?くらいな差だと思われる。
同じキャラでも日によって、時によって、対象イベントによって、運が変化するのは確かだ。
変化するから「運」であり、決して予定調和でないから「運」なのである。

しかし、自然界の運と全く同等か?と問えば、果たして如何なるものか。
うまーくランダムっぽく作ってはあるが、
結局は人間が作った世界であるからこそ、
そのどこかに因果関係を隠して埋め込むことも出来うる。
そして、この世界が「ゲーム」でもある以上、
かえって完全ランダムな世界ではない方が魅力的になる、という考え方もある。
わずかながらでも、ユーザーごとに意図的な優劣をつけ競争心を煽ったり、
時間軸において運気の上昇下降を「演出」したりすることで、
多少なりともの「ゲーム性」を高めることが可能になるからだ。

また、当たり確率が上がる(正確にはある一定の駄物が出なくなる)
「金のクローバー」シリーズが存在している、ということは
確率を操作するロジックが、少なからずmeet-meには既に組み込まれてあるのだ。
ならば、金クロを使わない平常時にも、別の何かの「トリガー」を仕込んである可能性を
技術的観点から否定することは出来ない。

つまり、作為的な運が潜んでいる「理由」も「技法」も存在するのだから、
この世界の運は、実は真の運ではないのでは? と、つい疑ってしまうのだ。

問題は、仮に本当に必然が仕組まれていたとして、
その必然をどこに隠し、トータルで偶然っぽく仕上げてあるのか、だ。
たとえば50%がランダム+50%が必然だとして、
その隠された必然が何に起因するのかが分からない限り、
ユーザーは当たり確率を上げられないという状況に変わりは無く、
それも含めて結局はトータル100%ランダムと同じだ、という結論に帰してしまう。
分からないんだから、成り行きに任せるしかない。
なすがまま。気にしない。気にしてもしょうがない。
自然だろうが人工だろうが「運」はやっぱり「運」。
疑うだけ無駄。

しかし。しかしだ。
分かっていてもそれに抗いたくなるのが、研究者というものだ。
もしかしたら。もしかしたら、運と思わされている事象に対しても
幾分か予定調和な要素、つまりユーザーが制御可能な領域を見つけられないか
つい確かめてみたくなるのだ。
当たりが出る「条件」や「トリガー」が隠されているのではないか?
なにかこうすれば当たりを引き出せるのではないか?
「必然」がどこかにあるのでは? という疑念を捨てきれない。

さらに言えば、その疑念だけを鵜呑みにする人もいる。
俗世間ではそれを「願掛け」や「験担ぎ」と呼んだり、はたまた、
ミラクルなんとかがー・・・などと、うわべの情報だけで
たいした検証もなしに都合よく始末しようとする輩もいるが
いずれも実証しない以上、すべては思い込みやオカルトの領域を出ない。

それに対して、実証するのが研究者だ。
とはいえ、クラック(プログラム解析)するような大ごとではなく、
単純に「やってみる」という意味の実証なので、
結局は結果論からの邪推でしかなく、
安易に「トリガー発見!」などと結論付けてしまうのも危険だ。
それだけでは、客観的な信ぴょう性はオカルトと同レベルだ。

オカルトの領域を凌駕し、研究結果として結論付けるには、
「たまたまだろ?」と言わせないだけのn数(試行数)が必要だ。
つまりn数が大きくなればなるほど、
それは「運」から「法則」になり得る可能性を秘めているのだ。
これこそが「実証主義」という研究者的思考である。





さて、能書きはこのくらいにして、詳しい実験の背景と目的は以下の動画にて。


(流行に乗っかるのが好きなバーグブログ)


Result:

2017/11/19
mm_2017_11_19
2017/11/21
mm_2017_11_21
2017/11/23
mm_2017_11_23
2017/11/25
mm_2017_11_25
ひどい。ひどすぎる。
多忙だったため、ログイン自体が1日置きだったことが悪かったのか、
3箱効果は全く出ず。

もちろん結果はこんな感じでも、毎回いろいろ試行錯誤してるんですよ。
ただ、ここまでは成功への「トリガー」がまだ見つかっていないだけです。
逆に言えばここまで設定した条件はトリガーじゃなかったと証明された訳ですから、
全くの無駄足ではないのです。
発想をさらに捻らせて、隠されたトリガーを見い出すまでは、我慢です。

そうこうしているうちに海外出張なんかもあって約一週間あきました。

2017/12/03
mm_2017_12_03
!!!
とうとうスーツが出ました!
となると、トリガーは、、、ログインしないこと??
たしかに「幽霊会員に餌を与える」というサブリミナルラッキーが
仕込まれていてもおかしくないですね。
とりあえずインはするけど、ちょっと箱あけはお休みしてみます。

2017/12/08
mm_2017_12_08
あかんやん・・・
お休みはトリガーじゃない、と。((φ(..。)カキカキ

2017/12/10
mm_2017_12_10
おお、また出たスーツ!
もしかして、トリガーは3日と10日の共通項にある!?
とすれば、いったい何だ!?
そういえば金クロつけてから大箱あけるまでが2日とも長めかな・・・
先に抽選したり、自宅箱あけたりしてる。

2017/12/11
mm_2017_12_11
なんとなく同じシーケンスで似たようなタイミングでやってみたら!!
これは、マジで来てる??
でも、ここで安易に一喜一憂してはいけません。
まだ、ただの偶然の可能性を否定できるほどのn数ではありません。
いやむしろここからが本当の実証実験のスタートです。
それが研究者魂。

2017/12/12
mm_2017_12_12
スーツではないけど、バトル着ぐるみ!
しかも倉庫20まで!
このまま続けば、ひょっとしてひょっとするかも。

2017/12/13
mm_2017_12_13
運が落ちた!?
いえ、違いますよw
研究者たるもの、あ・え・て、試すのです。
ただ単に運気がいいだけなのか、「トリガー」のせいなのか。
この日は、わざとシーケンスを変えてみた(金クロつけてすぐ開けてみた)のです。
これは逆に好ましい結果なのです。

2017/12/14
mm_2017_12_14
キタコレ!! 槇原も真っ青のバックスクリーン3連発!!
もうこのシーケンスに間違いはなさそう。
しかし研究者たるもの、過信は禁物。
検証は続きます。
単にこの日の運勢が飛び抜けて良かっただけなのかどうかを検証するために、
この日だけ続けて2箱追加してみた。
mm_2017_12_14_1
フフフ・・・やっぱり「3箱」ルールは顕在なのを確認。

2017/12/15
mm_2017_12_15
昨日よりは悪いけど、あいかわらずバトルきぐるみはゲット。

2017/12/16
mm_2017_12_16
2017/12/17
mm_2017_12_17
2017/12/18
mm_2017_12_18
2017/12/19
mm_2017_12_19
2017/12/21
mm_2017_12_21
2017/12/22
mm_2017_12_22
2017/12/23
mm_2017_12_23
どうですか?これでも偶然たまたまですかね?
本当にこれ以外の大箱は一つも開けてないんですよ。
となれば、もう疑う余地はほとんどないですよね。
「少なくとも1/3以上の確率で当たりを引けるトリガーシーケンスを獲得した」
と言っていいでしょう。



ということで、
「三箱戦争」大勝利!!!





ただ、12月のおみくじをしてないので、もしかしたら今月「大凶」なのかもしれませんがねw
だけど、このシーケンスにも組み込まれてる毎日の抽選や自宅箱あけなんかはろくなもん出てませんから(TT)
たぶんおみくじ運も平凡な状態なんだと思います。


なお、詳しいトリガーシーケンスはあえて書きません。
たぶん、キャラによっても異なってくると思うし、
バーグさんだって、いつこのトリガーシーケンスが変化してしまうかも分かりませんし。

なので、ご興味のある方はご自身のトリガーシーケンスを探してみてはいかが?



そして研究者は、さらに確率を1/3から3/3へあげるべく
まだまだシーケンス研究に余念がないのであった・・・















このページのトップヘ